MENU

CLOSE

話題の光脱毛の種類には何がある?IPLとS.S.Cの違い

話題の光脱毛の種類には何がある?IPLとS.S.Cの違い

36views

カテゴリ:光脱毛

光脱毛だけでも数種類ある!エステサロンでできるお得な脱毛方法

67cc3bb01006479c584a16b5eec19b28_s

本来、脱毛処置とは医療行為でしたが、手軽で簡単に扱える脱毛機器が開発されたことにより、一般的なエステサロンでも脱毛処置ができるようになりました。現在では、ムダ毛を専門に扱う脱毛サロンが数多く誕生しています。エステサロンでも脱毛サロンでも扱える脱毛方法は同じで、ここ最近では光脱毛が主流となっています。光脱毛とは、特殊な光をムダ毛部分に照射して毛のサイクルを鈍らせる行為です。

光脱毛は痛みが少なく低価格で施術を受けることができる反面、永久脱毛のように毛が一生生えてこないというわけではなく、早い人で数ヵ月、遅い人でも数年経てば、新たに毛が生えてくる可能性が高いです。この光脱毛の種類についてはあまり詳しく知られていません。

フラッシュ脱毛、S.S.C光脱毛、IPL脱毛、プラズマ脱毛、コスモライト脱毛、ハイパースキン脱毛など、日本でけでも6種類ほどの光脱毛が行われています。光を利用した脱毛行為は、今後さらに拡大していくことが予想されます。安く、早く、痛みなく、確かな効果を実感できるからこそ、光脱毛が選ばれています。

光脱毛の世界を徹底紹介!自分に合う光脱毛はどれ?

53c34e4bb18457ec96753d23468b7be2_s

光脱毛には最低6種類の施術方法があることがわかりました。こ6種類の光脱毛の原理はほぼ一緒で、ムダ毛が気になる部分に脱毛専用の特殊ジェルを塗り、特殊な光を照射させることで、毛根を刺激して毛のサイクルを遅らせるというものです。6種類に分類されている理由は、照射に使う光やムダ毛部分に塗布するジェルに違いがあり、仕上がり方や施術時の感覚、費用なども異なってきます。それぞれの光脱毛の特性を理解することで、自分にピッタリな光脱毛の方法を知っておきましょう。

歴史が浅いフラッシュ脱毛は今後の活躍に期待が寄せられている

フラッシュ脱毛で使われるライトはカメラのフラッシュと同等のものが扱われており、痛みが少ないのが特徴です。一度の照射で広い面積をアプローチすることが可能で短時間でのムダ毛処理が可能となります。脱毛サロンで使われ始めたのはごく最近で、歴史が浅いためか実際に利用した人の口コミも少ないです。

光脱毛の中で最も主流なS.S.C光脱毛は全身脱毛に効果的

イタリア発の日本人向け脱毛機として開発されたS.S.C光脱毛は、従来のキセノンランプを使用せずにクリプトンライトという光が採用されています。皮膚に塗布されたビーンズジェルにクリプトンライトが反応することで、有効成分が毛根に達し、毛の成長を抑制してくれます。

日本人の黒い毛に反応しやすいIPL光脱毛

IPL脱毛ではインテンスパルスライトという光が使用され、黒い毛に反応しやすいという特徴があります。この為、皮膚の下にある毛根にも適切に反応して、毛のサイクルを弱まらせます。もともとはシミ、そばかすなどの治療に使われていました。

波長が長い光線でしっかり毛根にアプローチするプラズマ脱毛

プラズマ脱毛は、波長が長い光線キセノンフラッシュを採用している脱毛方法です。キセノンフラッシュは光線の波長が長い為に照射面積が他のライトよりも小さくなりますが、均一に毛根部へアプローチができるというメリットがあります。

第2世代のIPL光脱毛と呼ばれるコスモライト脱毛

コスモライト脱毛とは、キセノンランプを採用している第2世代のIPL脱毛です。コスモライト脱毛では、従来の無駄な光の波長をカットして毛根に的確に反応できるようになっています。熱を上手に細工しているため、火傷しにくいという特徴があります。照射面積が広いために、短時間での施術も可能です。コスモライト脱毛は歴史が浅く、脱毛サロンでは取り扱っていないことが多いです。

多角的にムダ毛をアプローチするハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛で使われる特殊な光線は、コラーゲンを活性化させながら脱毛を行うことができる優れものです。しかも、脱毛時の痛みは皆無で温かく感じる程度の光によって、ムダ毛の原因となる毛の種を殺すことができます。抑毛と減毛、多角的にムダ毛をなくす効果を実現した脱毛方法です。

\記事をみんなに広めるにはシェア!/

Facebook Twitter

その他のあなたにオススメの記事